刈草敷き

春の葉物野菜を作付けしていた畑の通路(畝と畝の間)に、刈草を敷詰めました。これは、通路を人が歩く時に地面を踏み固めないため、雨が降ったときに雨水が地面を直接叩くことによる地面の硬化を防ぐため、土中微生物の増加等々、色々な効果が期待されます。

P1160188

特に人の足や雨で地面が固まると、土中が酸欠状態になり、あらゆる弊害が想定されます。手間暇がかかるため、ついつい後回しになってしまいがちな作業ですが、自然栽培ではかなり重要な作業なのではと最近考えるようになってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA