ヒンメリの販売を行っています

日ごとに陽が短くなり、最近では午後5時には暗くて農作業を終えています。

今年の冬至は12月21日なので、ちょうど今日から1ヶ月後です。陽が短くなるのもあと一月で、そこからは夏至に向けてまた一日一日と陽が長くなりますね。

%e5%a4%aa%e9%99%bd3北極圏に近い北欧の国では、特に陽の恵みが大切である事は容易に想像できますが、フィンランドでは、古くは太陽神の誕生祭や農耕神への収穫祭としてヨウル(joule)と呼ばれる祭りが行われていました。冬至を境にして、太陽神が再誕(復活)するということなのでしょうか。また時代が新しくなるに連れて、今ではクリスマスのことをヨウルと呼ぶようになっています。

そんなヨウルの装飾品として、ヒンメリは古くから食卓の上などに飾られていました。

no15-3これはヒンメリの写真です。

麦わらで多面体(正8面体が基本です)を作り、それを糸で繋ぎ合わせたとてもシンプルな装飾品ですが、多面体の大きさやその繋ぎ方で無限の形を表現することが出来ます。

この多面体の組み合わせによって生み出される複雑な幾何学模様は、見る角度によっても様々で見ている者を飽きさせません。

ヒンメリは麦わらで作られているためとても軽く、微かな空気の流れに反応して揺れたり回転したりします。またこの動きが影に映し出されると、それはとても美しく神秘的に見えます。

%e4%ba%ab%e5%ad%90私達の農園では、自然栽培で小麦を栽培しています。そして小麦を収穫した後の麦わらを活用してヒンメリを作りました。作っているは、今年ヒンメリ作家としてデビューした佐藤享子です。

現在、ほのぼの農園ナチュラルハートのWEBページで作品を公開して販売しています。

皆様のご家庭の食卓やリビングに光と風を感じるモビールとして、またクリスマスのオーナメントとしてご利用になっては如何でしょうか?

私達のヒンメリは麦わらの風合いを楽しんでいただくため、あまり装飾を施さずシンプルさを大切にしています。そのため和室にも良く合いますし、夏にも涼しげな場の雰囲気を作ってくれますので、一年中楽しむことができます。是非一度WEBページをご覧下さい。

菊芋が豊作

すっかり秋も深まり朝晩は冷え込むようになってきました。今朝の気温は3度を少し下回っていました。

%e8%8f%8a%e8%8a%8b1この季節になると毎年、菊芋の収穫時期です。基本的に病気にも寒さにも強くて丈夫な菊芋ですので、少々霜が降りても土の中で元気です。ですが、年を超すと気温もぐっと下がり、畑の土が凍結して掘り出すことができなくなるので、いつもこの時期に収穫します。まだ日中は暖かい日も多く、作業的にも楽ですので^^;

%e8%8f%8a%e8%8a%8b2今年の菊芋ですが、掘ってみると1つ1つが去年より大きくて、色も綺麗で品質が高いです。茎の丈は2m50cmほどはあり、とても立派に育ちました。

で、この菊芋、ジャガイモの様に茎の下に集中して成ってくれてれば楽なのですが、半径1m強、深さ30cm程の範囲に自由気ままに成っているため、収穫するにはスコップや鍬で芋を傷つけないよう慎重に、ごっそりと土を掘る必要があり、結構重労働なのです。だけどそこは「ほのぼの農園」ですから、一気に掘ろうと頑張ったりせず、時間を見つけては少しずつコツコツと掘っています。冬がそこまで迫っていますが、掘っていれば体は温かくなるので、11月一杯で掘れれば良いなあと思いつつ^^;

%e8%8f%8a%e8%8a%8b掘り出した菊芋は「お任せ野菜BOX」に入れてお送りしています(必ず入るとは限りませんが)。

また、とても美味しいので単品販売を行っています。よろしければ単品販売ページからご注文下さい。お野菜BOXへの同梱も承ります。

菊芋の食べ方

菊芋の食べ方ですが、我が家では以前お客様から聞いた「蒸しただけ」の食べ方が結構気に入っています。蒸し時間はお好みですが、蒸すと皮が手でスルッと剥けます。そのまま食べても美味しいですし、お好みで塩を少し付けて食べても美味しいです。定番料理はキンピラや炒め物です。こちらは皮付きのまま調理すると、皮の食感がとても良いのでお勧めです。

その他にもネットを検索すると、美味しそうな食べ方が沢山出ていますので、是非お好みの食べ方をお探し下さい。

また、菊芋は健康食材としても昨今とても注目を浴びています。とくに菊芋に含まれるイヌリンという成分が、中性脂肪の減少や、血糖値の上昇を抑える効果があるそうです。その他にも美容効果や整腸作用なども期待できるようです。どうぞお試し下さい。