ヒンメリの販売を行っています

日ごとに陽が短くなり、最近では午後5時には暗くて農作業を終えています。

今年の冬至は12月21日なので、ちょうど今日から1ヶ月後です。陽が短くなるのもあと一月で、そこからは夏至に向けてまた一日一日と陽が長くなりますね。

%e5%a4%aa%e9%99%bd3北極圏に近い北欧の国では、特に陽の恵みが大切である事は容易に想像できますが、フィンランドでは、古くは太陽神の誕生祭や農耕神への収穫祭としてヨウル(joule)と呼ばれる祭りが行われていました。冬至を境にして、太陽神が再誕(復活)するということなのでしょうか。また時代が新しくなるに連れて、今ではクリスマスのことをヨウルと呼ぶようになっています。

そんなヨウルの装飾品として、ヒンメリは古くから食卓の上などに飾られていました。

no15-3これはヒンメリの写真です。

麦わらで多面体(正8面体が基本です)を作り、それを糸で繋ぎ合わせたとてもシンプルな装飾品ですが、多面体の大きさやその繋ぎ方で無限の形を表現することが出来ます。

この多面体の組み合わせによって生み出される複雑な幾何学模様は、見る角度によっても様々で見ている者を飽きさせません。

ヒンメリは麦わらで作られているためとても軽く、微かな空気の流れに反応して揺れたり回転したりします。またこの動きが影に映し出されると、それはとても美しく神秘的に見えます。

%e4%ba%ab%e5%ad%90私達の農園では、自然栽培で小麦を栽培しています。そして小麦を収穫した後の麦わらを活用してヒンメリを作りました。作っているは、今年ヒンメリ作家としてデビューした佐藤享子です。

現在、ほのぼの農園ナチュラルハートのWEBページで作品を公開して販売しています。

皆様のご家庭の食卓やリビングに光と風を感じるモビールとして、またクリスマスのオーナメントとしてご利用になっては如何でしょうか?

私達のヒンメリは麦わらの風合いを楽しんでいただくため、あまり装飾を施さずシンプルさを大切にしています。そのため和室にも良く合いますし、夏にも涼しげな場の雰囲気を作ってくれますので、一年中楽しむことができます。是非一度WEBページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA