畑でアーシング

アーシング」という言葉をご存知ですか?

最近ちょこちょこと色んな所で聞くようになって来た気がします。

簡単に言えば、裸足になって大地に立つ(グランディングとも言う)。少し難しく言えば、電気的に地球と繋がることで、それによる健康法です。詳しくはこちらを参照して下さい。

電化製品をアースに接続しますが、それの人間版ですね (#^.^#)

地球と素肌で繋がれば良いので、手で土を触っても同じ効果が期待できます。それって正に農業そのものですね。畑で草むしりや、苗を植えたりしながら、知らず知らずのうちにアーシングをしていたようです(⌒∇⌒)

それでも普段は長靴や地下足袋をはいて作業することが多く、手にもグローブをはめていることもあり、その場合は絶縁体のゴムによって地球との繋がりは絶たれてしまっています。

そこで最近はクワを振ったり、機械を操作するなどの安全上問題がある場合を除き、裸足で農作業をする時間(アーシングの時間)を意識的に作っています。

するとどうなるか・・・・?

身体の物理的な健康面については、はっきり言って未だ分かりません。元々健康だけが取柄なもので(;^_^A

一方、内面的な(精神的な)健康面については、体が緩んでリラックスできている気がします。(これ、とても大事)

何故か考えてみると、まず裸足では畑の中をサクサクとは歩けません。畑とは言っても小石などもあるので、足元を確認しながらゆっくり歩くことになります。そのため、靴を履いている時は1つの作業をしながらも、頭では次の作業を考えていたりして、思考が未来に飛んでいたりします。

ところが裸足で歩くと足元に集中しているので、他の事はあまり考えていません。意識が今この瞬間に居て余計なことを考えていないので頭が疲れないのではないかと思います(余計な心配をしていない状態)。また意識を今に向けるというのは、最近はやりのマインドフルネスにも通じるものがあると思います。

更に、小石などもある畑を歩き回ることにより、足裏マッサージの効果があるようです。これは畑を歩いている時はあまり気にならないのですが、家に帰ってきてゆったりしていると、足の裏がジンジンという表現はちょっと違いますが、足裏マッサージを受けた後のような心地の良い感触が残っています。

あとやはり、土のひんやりした感触が足の裏に伝わって気持ちいいですね。今までは靴の影響で気が付かなかった畑の微妙な違い(地温や湿気)に気が付くようになったのは、農業を行う上でプラスになったと思います。

そんな最近注目を浴びつつあるアーシングを畑で体験してもらうイベントを企画しました。原則、毎週土曜日、日曜日に行いますの、良かったら一度お試しください。詳しくはこちらのページをご覧ください。

ただ今出荷中の野菜たち

2018年の野菜BOXが始まっています。

今日は現在出荷中の野菜をご紹介します。

こちらは「ミニ野菜BOX」の一例です。

写真の内容は以下です。

  • べか菜(山東菜)
  • 小松菜
  • ルッコラ
  • ニラ
  • 赤長二十日大根
  • ちりめん葉からし菜

続いてこちらは「ほのぼの野菜BOX」の一例です。

写真の内容は以下です。

  • べか菜(山東菜)
  • 小松菜
  • 小カブ
  • ルッコラ
  • ニラ
  • 赤リアスからし菜

このようなBOXでお届けしています。

ピカピカの葉物野菜たちをお入れした、春の香り満載の野菜セットになっています。

お任せ野菜BOXのご注文はこちらへ。

お任せ野菜BOXの再開日が決まりました

2018年度の「お任せ野菜BOX」開始日が決まりました。

既存のお客様には既に電子メールか封書にてお知らせしておりますが、今年は例年より1週間程早く、

5月12日の第2土曜日よりお届けを開始します。

火曜日お受け取りの方は、5月13日の第3火曜日が最初となります。

今年は気温も高めに推移し葉物の成長が早いため、品数は若干少な目ですが、元気に育っている野菜を無駄にしたくないという思いから開始に踏み切りました。

立派に育った自然栽培で育てた固定種・在来種の野菜達をお届けします。

最初のころは以下のような葉物野菜が中心です。

ルッコラ

 

 

 

べか菜(山東菜)

 

 

 

 

 

 

小松菜

 

 

 

 

 

 

ちりめん葉からし菜

 

 

 

赤リアスからし菜

 

 

 

小カブ

 

 

 

水菜

 

 

 

ラディッシュ

 

 

 

何が入るかは収穫当日の状況によりますので、お楽しみです(#^.^#)

野菜の様子5/3

GW真っ只中ですが、前回の記事から9日経った野菜の様子です。

4月末から5月初めにしては気温が高めで、雨も適度に降ってくれていますので、野菜たちは皆すくすくと元気に育ってくれています。

4月末に入って、遅霜も今年は無さそうなので畑に直播したインゲン類の発芽が始まっています。

これから蔓が伸びて、花が咲いて、豆がなって・・・

収獲開始は6月でしょうか。

 

 

 

レタスの成長はゆっくりですね。この穴径が10cmですので、大きさはイメージして下さい。

むしろレタスの成長には、気温が少し高すぎる気もします。

 

 

 

 

小松菜です。

今シーズン1回目に播種した分ですので、発芽率が低いですが、発芽した分は立派になりました。もう食べ時です。

 

べか菜(山東菜)

こちらも綺麗に立派に育ちました。発芽率も良好です。やはり食べ時ですね。

 

 

 

 

人気のルッコラです。

柔らかくて今がとても美味しいタイミングです。発芽率が低めなため、採れる量は少なめですが。

 

小カブも立派に育っています。

少し前に間引きも終わっていますが、カブの部分がまだ小さいので、出荷まではあと1~2週間かかります。

 

葉の付け根の白い所がカブの部分ですが、分かりますか?

ここ、間引き洩れですね^^;

 

 

 

 

辛みが人気のちぢみからし菜です。

サラダに混ぜると、味が引き締まってサラダが更に美味しくなります。

あと1週間ほどで食べごろになります。

ズッキーニはまだ育苗中です。

そろそろ畑に定植の時期です。

 

 

 

 

 

こちらはトマトの苗。今年は種類を増やして7種類ほど作る予定です。

順調に育っていて、5月中旬には畑に入ります。

 

ナスの苗です。

こちらも5月中旬に定植して、収獲は7月初旬頃になります。

 

 

ピーマンの苗です。

とっても元気ですが、まだ少し小さめですね。こちらも5月中旬以降の定植予定です。

 

キュウリの苗です。

近くで匂いを嗅ぐと、既にキュウリの香りがします。

 

 

それから、写真はありませんが、ケールキャベツは既に畑に定植されています。また、ニラも立派に育って出荷タイミングとなっています。

お任せ野菜BOX」の出荷開始につきましては、レタスがもう少し大きくなってくれると良いのですが、他の葉物野菜(水菜や赤からし菜等)の出荷が可能になって種類が確保できたタイミングで始めたいと思っています。

定期便をご利用のお客様には、直接ご連絡しますので、よろしくお願いします。

育苗土

今日の写真はとても地味です(;^ω^)

ナチュラルハートで苗を育てる時に使っている「育苗土」の話。

先日、ある農家さんから「育苗土は作っているのですか?」と聞かれました。

いえいえ、人が土など作れるはずがありません。作っているのは、様々な土中の生物たちで、まあ地球が作ってくれているようなモノです。

私は刈った草や、野菜の残渣などを雨ざらしでただ積んでおくだけ。

すると2年前後で立派な育苗土になっています\(^o^)/

それを目の粗いふるいで篩って、

もみ殻を炭に焼いた「もみ殻燻炭」を混ぜます。

あとはよく混ぜるだけ。

これが「ほのぼの農園ナチュラルハート」が苗を育てる時に使っている育苗土です。

こんな感じです。とても良い苗が育ちます(⌒∇⌒)

玉に瑕は、雑草が生えてくることぐらいですが、ほとんど気になりません。気になるぐらい生えてきたら抜けばいいので。

売っている育苗土だと、雑草は生えてこないみたいです。使ったことが無いのでよく分かりませんが。まあ、極小の種(セロリとかのハーブ類)を蒔く時は、雑草が生えてこない方が便利かもしれませんね。

ということで今日は、ほのぼの農園ナチュラルハートで使っている「育苗土」のご紹介でした。

今から抜いた草などをせっせと外に積んでおけば、2年後にはとても良い育苗土になりますよ(^_-)-☆

 

GW畑で一息入れませんか

いよいよGWが始まりました。ほのぼの農園ナチュラルハートのすぐそばにある道の駅「南きよさと」にも沢山の車が出入りしています。

その駐車場から歩いて数分の場所にある私たちの畑はまるで別世界。とても静かでのんびり、春の風が心地いい場所です。

いつも畑仕事をしながら、疲れるとふと空を見上げるのが大好きです。

特に春のこの季節は「気持ちいいなあ」と思います。

なぜこの場所は心地いいのか?と考えると、ここは昔からの田園風景があまり手を加えられずに残っているからだろうと思います。

私たちの農園の畑はこの写真のように、昔は棚田だった場所です。

段々畑の上から見るとこんな感じです。

最近では、畑は作業がしやすいように四角にして、土手はコンクリートで固めた所が多いです。それは基盤整備と言って、行政が出す補助金を利用して、畑仕事の効率が良いように自治体が整備したものです。

ですが私たちの畑は写真を見てわかるとおり、畑の形が不揃いで、土手も昔の石垣がそのまま残っています。

つまりこの場所は、基盤整備の流れに乗りそこなった場所で、しかも地域の高齢化が進み、畑をやっているのは私達だけです。

基盤整備されていないため、大型機械も入り辛く、一般的には使い勝手の悪い畑なのでしょうが、私達がやっている「自然栽培」にはこれほど恵まれた場所はありません。

自然栽培では大型の機械も要りませんし、周りで農薬を撒く人もいないし、草も境界部分の土手を刈っておけば苦情を言われることもないので、雑草と上手に共存する畑が作れます。そして何より静かで穏やかな雰囲気が気に入っています。

先日も仕事の手を休めて空を見上げながらふと、

「この場所はかなり癒し効果があるのではなかろうか」

と思いました。

「自分たちは毎日見てて、8年目になってもこれだけ気持ち良いのだから、初めて来る人はかなり癒されるかもしれないな」

という気づきがあって、

「ならば今年は人を畑に呼ぶイベントをやってみよう!!」

と思いつつ、細かな部分を考えているうちに今日になってしまい、気が付くと世間はGWに突入していました(;^_^A

「せっかく人が動いているGWだし、細かな部分は取り合えず置いておいて、イベント初めてみようかな」

ということで、前置きが長くなりましたが、

私たちの畑に癒されに来ませんか?

というのが今回の趣旨です。

GW中は何かとお疲れの方も多いと思いますが、

ちょっとほのぼの農園ナチュラルハートの畑に立ち寄って、一息入れてはいかがでしょうか?

巷では「自然セラピー」とか「森林セラピー」というのがありますが、それの畑版で言ってみれば「畑セラピー」です。

「畑で何をするのか?」

何もしなくて良いんです。ただそこに立って、風を感じて、鳥の鳴き声を聞いて、水の音を聞いて、土や草の匂いを嗅いで、足の裏で大地を、地球を感じれば良いだけです。畑に座って目を閉じて、瞑想をしても良いと思います。

そういえば先日、「アーシング」というのを聞きました。効果のほどは分かりませんが、裸足で土の上に立つと気持ちが良いのは確かです。私も先日試してみましたが、足がひんやりして気持ちが良かったです。

このアーシングを教えてもらう前から、長靴より地下足袋の方が地面を感じられるので、ずっと愛用しています。

もし良ければ畑で試してみて下さい。足は道の駅の水道で洗うことができますよ。

何かと忙しいGWにほんのひと時、そんなゆったりした時間を持ってみても面白いのではないでしょうか?

お申込みについて

GWが明けたら、定期的に実施したいと考えていますが、今は詳細が決まっていませんので、ご興味のある方は下記のメールアドレスにご希望の日時をご連絡下さい。こちらの予定と都合が合えば実施させて頂きます。

電子メール:naturalheart@honobono-farm.jp

料金

お試し期間のモニター価格(お一人様)

2時間 ¥10,000(税込)

(注)大人の方限定となります。ご了承下さい。

時間内は自由にお過ごし頂けますが、ご希望があれば「自然栽培」、「農業」、「移住」、「田舎暮らし」等々、ご質問にお答えすることも出来ます。

また、体を動かしたい方には、畑作業を手伝って頂くこともできます。草むしりなどは結構没頭できて、自然と瞑想状態になりますよ。

予めご希望があれば、メールにお書きください。

お便りをお待ちしております(=^・^=)

畑のタンポポ

畑の周辺は今、タンポポが咲き乱れてます。

ところでタンポポって、在来種と外来種があるそうですが、どこで見分けるかご存知ですか?

実はココで見分けると簡単です。(写真をクリックすると大きくなります)

この赤丸の部分、総苞片というところが反り返ってピロピロしてると外来種です。在来種の方はここが真っ直ぐ上に伸びてて反り返ってません。

うちの畑周辺に自生しているタンポポは、ほぼ外来種のようです。

ところで、子供のころ九州でよく見たタンポポは、花びらが白いタンポポばかりだった気がします。タンポポといえばこちらのイメージでした。

こちらは「白花タンポポ」といって在来種ですが、本州は関東から西、四国、九州に分布しているそうです。農園周辺では見たことがないなあ(´・ω・)

今日はとてもいい天気で畑日和でしたが、午前中はまだ畑も湿っていたので、ハウスの中で苗と戯れていました。

#自然栽培 #タンポポ #ナチュラルハート

野菜の様子

前回の記事から1週間経過した野菜たちの様子です。

この1週間は気温が高めだったたこともあり、野菜たちは順調に育ってくれています。

ニラ

これは去年、株分けしたニラですが、茎も葉も太くピンとしていて、良い感じに育ってくれています。

 

 

 

 

葉物

発芽ムラはありますが、しっかり大きくなってくれています。

そろそろ間引きのタイミングですね。

 

 

 

小松菜です。

 

 

 

大根

こちらもそろそろ間引いて一本立ちにする時期です。

 

 

ニンジン

本葉がしっかり出てきました。このニンジンは味が濃くて美味しいので収穫が待ち遠しいです。

 

サニーレタス

レタス類はゆっくりですね。初めに根が伸びて、根がしっかり張ると急に上が大きくなります。

 

 

 

 

ネギ

ネギが発芽しました。ネギはこれから苗を育てて、移植して、という工程があって、収獲は秋から冬です。まだまだ先は長いです。

トマト

鉢上げ後にしっかり定着して、元気に育ってくれています。5月初旬から中旬に畑に定植します。

 

キャベツ

こちらも元気そうです(⌒∇⌒)

 

 

4月も中旬を過ぎて、野菜も増えてきたのでまだまだありますが、今日はこの辺で。

葉物野菜の発芽に若干ムラがありますが、現時点では概ね順調に生育しています。

お任せ野菜BOXの出荷開始時期については、もう少し葉物野菜の生育を見てから決めたいと思います。引き続きよろしくお願いします。

#自然栽培 #野菜

LINE@からはイベントのお知らせ等を発信します。

友だち追加

ジャガイモを蒔きました

今日はジャガイモを蒔きました。

品種は男爵、メークイン、キタアカリの3種。全部で20㎏ほどです。

それぞれ40~50gほどにカットして、30㎝間隔で埋めていきます。

土を被せる(覆土といいます)厚さは7~8㎝ほど。10㎝だとちょっと厚いかなあと思います。

それにしても今日は暑かった~ 😎

ここ2年ほど、ジャガイモの生育と収穫量があまり良くなかったので、今年はより手をかけて美味しいジャガイモをたくさん採りたい。野菜BOXにも沢山入れたいと願っていますのでご期待下さい。

#自然栽培 #ジャガイモ

LINE@始めました!

友だち追加

ケール

キャベツに近い食感

ケールはアブラナ科の野菜で、キャベツの様に巻いてはいませんが、葉の質感や食べた時の食感はキャベツに近いと感じます。

こちらの写真は昨年の秋冬の収穫残りが、越冬して春になってまた成長し始めたものです。アブラナ科の野菜は強いですね。

ケールと言えば、青汁の原料が有名で、「苦い」というイメージが強いかもしれませんが・・・

栄養豊富な葉物野菜の女王

青汁にも使われるだけあって栄養価はとても高く、中でもカルシウム、ビタミンC、ベータカロテンを豊富に含んでいて、Queen of Greens(葉物の女王)という呼び名もあるそうです。

カーリーケール

ナチュラルハートで作っているケールは、葉に切れ込みがありちぢれた種類のカーリーケールと呼ばれる種類で、「レッドロシアンケール」と呼ばれる少し赤味がかかったケールです。

食べ方

このケールの特徴は苦味がほとんどないので、サラダなどの生食もとても美味しいです。また健康のために自家製青汁を作ったり、スムージーにしてもとても飲み易いのでお勧めです。もちろんキャベツと同じように、炒め物などでも美味しく食べられます。

出荷時期

収獲と出荷は6月に入ってからになると思いますが、とても美味しい野菜ですので、是非一度お試しください。

ナチュラルハートのケールはもちろん自然栽培で生産していますので、農薬などの心配もありません。収獲時期になりましたら「お任せ野菜BOX」に入るようになりますのでどうぞお楽しみに。

#自然栽培 #ケール #ナチュラルハート